ベビー用布団の選び方|赤ちゃんの肌に優しい商品を買おう

親子

肌の乾燥を防ぐ

赤ん坊

赤ちゃんの肌は大人に比べてみずみずしく、自然なハリとツヤがあります。しかし、基本的には赤ちゃんの肌は非常に繊細で、少しの刺激でダメージを与えてしまう恐れがあります。人間の肌表面にはホコリや乾燥から肌を守るために、ラップ一枚程度の厚さがある表皮が備わっています。ところが赤ちゃんの表皮はラップ一枚にも満たないほどの薄さしかないため、気温や湿度が少し変化しただけでも肌の状態が変わってしまいます。さらに、肌の皮脂量や角質層の水分量が大人よりも少ないので、外気が乾燥していると肌のバリア機能が十分に働かずに水分が蒸発し、乾燥肌になってしまいます。乾燥肌が続くと痒みが起こり、湿疹ができる可能性があります。一度湿疹が出来ると、幹部を清潔に保つために肌を洗ってしまいがちですが、赤ちゃんの少ない皮脂を落とすと余計に乾燥肌が進行するので、正しい方法で乾燥肌を防ぎましょう。

赤ちゃんの乾燥肌が進行するタイミングは様々ありますが、家庭で注意するべきタイミングはお風呂あがりです。乾燥肌になると入浴後は肌の水分量が通常よりも低下する傾向にあるので、水分が蒸発しない内に素早く体を拭いて保湿をしてあげましょう。赤ちゃん専用のローションや保湿クリームを五分以内に塗っていけば、お風呂あがりの乾燥を防げるはずです。さらに、外に外出するときもベビークリームを携帯しておくと赤ちゃんを乾燥から守れます。屋外は部屋の中に比べて環境の変化が激しいので、外気に触れやすい顔の調子を確認しながらこまめに保湿を行ないましょう。